So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

コンサート2018 第二夜 [太鼓]


今年のシリーズコンサートの第二弾が 1ヶ月後に迫りました

一回めの団体ゲストと違って 今度は個人ゲスト入りです

夏前にリハに着手して まだほんの数回の手合わせですが

個人のそれぞれのカラーが 
それを培ったバックグラウンドと共に見えると 
とても面白いのではと 思います

まもなく9月 さあて ギアーをあげて本番へ

みなさま お越しをお待ちしています!!!

20180926kamerahall.jpg
--------------------
大江戸助六太鼓コンサート2018
第二夜:Enthusiasm 獅子たちの情熱

日時:2018年9月26日(水) 
18:30開場 19:00開演
場所:カメリアホール(JR総武線亀戸駅1分)
ゲスト出演:水落奈津子、小林太郎、峰岸哲
前売5000円、全席指定
ぴあ、イープラス、大江戸助六太鼓、ゲスト手売り

*第一夜をご覧になった方で第二夜第三夜を購入の場合 3日通し券へ変換でき一回5000円が4000円に。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

なぜかムラサキ らぶ [太鼓]

長野ワークショップからの〜〜〜 
果てしないお洗濯 もう5回回した〜〜〜

昔から 黒 白 グレー と
モノクロばかり身に纏っていたのが

気がついたら この数年
ムラサキ系 多いな。。。

FCAC5033-83C3-458F-9B06-1986B5251EC7.jpeg


紫は欲求不満の色 と聞くけれど
そんなこと ないもんね〜〜〜


あ!
これ ウシュク色だ。。。

小学生時代 紫の服をよく着ていたウシュク先生
小言の多いシュウトメのような先生は
ウシュクば◎あ と呼ばれていました
そして 紫色は ウシュク色。。。

あの先生も30代か40代で きっと今の私より若かったはず

私もどこかで ざこば◎あ って言われてるのかな。。。

どうでもいいこと 思い出したなあ
でも何だか なつかしい。。。


まあとにかく
むらさき らぶ の今日この頃であるようです

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

毎年恒例 夏合宿 [太鼓]

第29回ワークショップin白馬
終わったーーーーーー
D6EAAC84-7FBF-488E-93B1-BFAA4EE7BBE9.jpeg

今年は 暑すぎず 朝晩は寒いくらいでしたが
参加者の熱気はいつも通り!


太鼓漬けの5日間
体力気力集中力色んな意味で
一つ目のピークは5日のうち中日にやってきます

基礎的な立ち方や一つ打ちを初日に行い
前半は盆太鼓に集中
午後一番の中間発表会までに 一曲仕上げることができました
みんなの集中力と ヤル気にカンパイ!

午後
発表を終えて 一寸の達成感と緊張後の解放感と2日分の疲労で
みんなぼ〜っとビデオを見返してました
本当はその時こそ 身体の細胞自体に直接記憶させるような
繰り返しの稽古をする 絶好のチャンス
(ワークショップの典型的アプローチ?!)
。。。ではありますが
今回は のんびりやろうと公言していたので
あまり深追いはせずに 次へ

中には 「瑞穂さんが優し過ぎて 気味が悪い?オソロシイ?」と
落胆?疑念?お褒め?の言葉が第三者を通じて聞こえてきましたが
5日間太鼓の前に立っているだけでも 大変
短い睡眠と肝臓の疲れ(笑)だけでも 大変 なこのワークショップ

指導者やカリキュラムに拘らず
やろうと思えば 各自がいくらでも自分を追い込むことができると
基本的には思っているので
参加者の経験値に幅のある今回の大所帯チームでは
死ぬほどドンツクツットン!とか 気を失う直前までのロール!とかは
必要ないなー と何となく思ってました

しかし そういうのを欲している人たちがいること自体は
ワークショップでしかできないことの本質を分かってくれているのか
ただのM子M男なのか不明ですが 笑
悪い気はしませんし
必要な時にはいつでも出せる引き出しの浅いところに
常に しまってありますから ご心配なく 。。。?!


〔さてぐだぐだと長くなってしまったので 
 続きにいく方はクリックしてください。。。〕

後半はこちら


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

おかげさまの 伊勢詣り [太鼓]

2016年秋以来の お伊勢さま

おかげ横町の「夏の芸能」企画
夏祭り〜伊勢と江戸の盆の宴〜
に出演させていただきました

地元朝熊町河崎音頭保存会のみなさんとのコラボ
朝熊町の方に唄って弾いていただいての東京音頭
4DAF06CC-F0BC-4C57-B103-9AAAAD9D3001.jpeg
東京からは 打ち手4名だけの予定が
急遽来れることになった踊り手2名が加わり 賑やかに!

生音と生唄での東京音頭は 不思議な感じで
かつ 途中電源が飛んでしまいましたが
めげずに打ち続け 歌詞をシャウトし続け
10番やり切りました! 笑
スペインからの観光客さんも 一緒に盛り上がり
終わると踊りの方たちとパチリ
2ACEEFA2-6073-4410-954E-704B1CADDE6F.jpeg
終わる頃には陽はとっぷり暮れ 太鼓櫓の提灯が
ゆらりゆらりと幻想的 。。。
東京から11時間の長い一日 お疲れさん と
言われたような気がしました



ーーーーーー

翌日は 昼13:30からの演奏で
湿度80%の炎天下 演奏場所の太鼓櫓は屋根がありますが
人に囲まれると 無風状態となり 

楽器を準備しているだけで Tシャツはしぼれるほどになり
途中朦朧となりながら 何とかやり切りました

暑い中 見てくださっていたお客様は
太鼓祭りの時と違って 普通の観光客の方たちでしたが
手拍子と声での参加もいただき 外国の方たちも
「チョイ ヨ さー!」と叫んでくれました

正邪 Seija
祭 Matsuri
二段打ち Nidan uchi
鳶 Tobi
絆 Kizuna

アンコールまで たっぷり!!!

20180812IseOedoSukeroku.jpg

本当にお世話になりました

前回同様
内宮 外宮 月夜見宮 挨拶に回れました
すべては おかげさま です

ありがとうございました!!!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

チカラを抜いて なんて [太鼓]

先月のゲスト入りのコンサートで
振り切れて汚くなる一歩手前を ギリギリで攻めていく感覚 を久々に味わい

先週の盆踊りで 底無しにガンガン打つ若者を眺めつ 一緒に過ごし

稽古場に戻って あれこれ 確認したり試し打つこと しばし。。。


さて。。。
おのずと頭が向くのは 来週にある夏の恒例行事のこと

「力を抜いて」「リラックス」
指導でお決まりの このワードについて考える。。。

何度も耳にするであろう この言葉

本当に? どのように? どこが? いつ?



そうなる前提として やるコトがあるのは分かるけど

でも。。。

エライコトになるか。。。

太鼓の合宿でなくなるか。。。

あーーーーっ

どうアプローチするべきか

毎年 築地の頃から 参加者名簿を眺めては
悩むナヤムなーやーむー


うーーーん
独り言は続く 真夏の長い夜。。。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

背中を押されながら [太鼓]


物理的には
自分は 自分の足でしか 歩けないのだけれど

どうしても 足が前に出ないときでも

自分という人間を形作っている

他人から見た自分の像 が 自分の背中にへばりついて

その重さで 前のめりになった結果で

歩けている ことがある


これでも外から見れば 歩いている 
というんだろうかしらね



今日も 

お疲れ様でした

ーーーーーーーーー

またしても 台風が近づいています
みなさん どうか お気をつけて
今回は西に行かなくて ほんとよかった
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

築地ほんぐわんじ [太鼓]

八月に入るや 連日体温越えの天候の中
第71回築地本願寺納涼盆踊り大会が 4日間開催されました

30年をこえる大江戸助六太鼓の年中行事です

正式に踊りが始まるのは19時ですが 
16時には楽器や衣裳・販売テントの準備に入り
門下生のみんなが暑い中 感心するほどよく動いてくれます

17時頃から盆踊りの音を流して ひたすらに 打ち込みます

この築地の4日間と ワークショップの5日間は
プレイヤーを飛躍的に成長させてくれます
打った者勝ち と言ってよいこの機会を 逃す手はありません

手はボロボロになって熱を帯び
衣裳を纏った肩や腕は汗がへばりついて動きづらく
暑さで頭はボーっとしてきます

麦茶と梅干しが めちゃくちゃ美味しい!!!

4日間 毎朝這うようにして起き出すのですが
初日が始まるとあっという間に最終日。。。
夏が始まった!と思ったらもう終わってしまうような
そんな切なさがあります

。。。
太鼓の向上に加えて
築地は 今や同窓会の場所のようになっていて
毎日 今日は誰々が来た 誰と会った と話題になります
 
元メンバー 元門下生 そのご家族同僚友人 後援会の会員さん
他の太鼓グループの方 お仕事でご一緒したアーティストさん
築地で知り合った方たち などなど
年一回 ここでしか会わない方も結構おられます

色んな人の色んな想いを抱擁して 時は 流れます。。。

いつもの奉納演奏に加え
今年は4日めに 特別企画として プロ演奏拡大バージョンと
大江戸助六音頭の解説コーナーをやらせていただきました

普段から 大江戸助六音頭は 毎回一曲終わると
うわあっと踊り手さんから大きな拍手と溜め息が出るので
みなさんが真剣に(?)一生懸命に(?)
踊ってくださっているのが手に取るようにわかる曲ですが
今回踊りの解説を少しやらせていただいたので
さらにお一人でも多く この曲を楽しんで頂けたら嬉しいです



本願寺の先生方はじめ 地元の太鼓保存会・踊りの先生方・PAさん
関係者のみなさまのご理解と包容力に 心より感謝申し上げます

盆太鼓講座(短期・専攻クラス)のみなさん 
お疲れ様でした&ご参加ありがとうございました

門下生のみなさん 準備から片付けまで お疲れ様でした!


この「場」を持たせていただいていることが
本当に ありがたいです
4日間 ありがとうございました!!

また来年〜! すでに待ち遠しい?!


番外:今年は踊りのアナウンスでも「黄色いコーン」を何十回か耳にしましたね 笑) 今年お目見えしたこのコーン(べらコーン?)も大活躍でした あおきさん・みなさんご協力のおかげです!
IMG_1366.JPG

<盆太鼓・組太鼓の予定>
8/11箱崎公園 8/23-24芳林公園 詳しくはHPへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

コンサート第一夜 [太鼓]

カメリアホール
朝から晩まで 走っていました

なんだかワクワクする 「等身大の」緊張感。。。

終わってみると
それぞれがそれぞれの持ち場で
きちんと仕事をした という良い手応えはありましたが
どうだったんだろうって心配は尽きません

いいコンサートだったと 色々な方から色んな視点からお褒めの言葉を頂き
ようやく 少しホッとしました

ゲストの天邪鬼のみなさん お力添えありがとうございました!

いつもに増して 客席の太鼓打ち人口が高く
舞台上には お客様側の緊張感もピリリと来るほど感じました

なかなか他のチームの演奏を見に行くことの少ない
太鼓界の固定観客の傾向に 少しだけ風が吹いたかしら。。。


第一夜は 団体それぞれの持つ味のマリアージュ
第二夜は 個人の妙味をスパイスに

また違った印象のコンサートになること 間違いなし
ゲスト(敬称略):水落奈津子、小林太郎、峰岸哲

ご期待下さい!

第一夜に来られた方が あと全部気になるから 行く!と
何人も3日通し券に振り替えておられました やった!

皆様 お待ちしています!!!

20180926kamerahall.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

コンサート2018 第一夜 [太鼓]

(イタリアのレポートが途中ですが。。。後日バックデートで上げたいと思います)


さて いよいよ来週に迫りました
スペシャルシリーズコンサート第一夜

大江戸にゲストをお呼びするのは たまにありましたが
団体ゲストは かなりレアかも。。。


7月19日(木)18:30開場 19:00開演
「大江戸助六太鼓コンサート2018」
第一夜 Exploration 型と美学の追究

会場:カメリアホール(総武線亀戸駅1分)
出演:大江戸助六太鼓 ゲスト:太鼓集団 天邪鬼


遠い親戚のような2つの団体によるコンサート
ここでしか見られない 時空が生まれるはず!

乞うご期待!

亀戸は大江戸の事務所がある秋葉原から10分
学校・会社帰りに すべりこみセーフ

お待ちしています
20180719kameriahall.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

イタリア コモ湖のほとりで [太鼓 海外]

ローマに続き ミラノを通って北へ北へ。。。
スイスとの国境近くのコモへやってきました

この湖の 一山越えたところにある町のチームに指導です

朝起きると きれいな山と湖が おっはよ〜〜〜っと
声をかけてくれる 素晴らしい環境に滞在させて頂いて
テラスで朝食 月夜でディナー さいこーです!
IMG_0289.JPG

水を一切使わない フルーツ100%のジェラードやさん
イタリアンジェラート さいこー!
IMG_0312.JPG

地元のクラブ活動では
いつもやっているレパートリーにちょっと遊びを加え

それから あの童謡を太鼓で
ゲコゲコゲコゲコぐわっぐわっぐわっ と振りまで付けて
大汗かいて大笑いした後は 湖畔のピザ屋さんで夕食
なんと
サプライズで BDケーキが! 涙
ほんとうに みなさん ありがとうございます!!!

お稽古して 近々あるという演奏のリハを見学。。。
のつもりがしっかりと意見を求められ 演出をつけたり
それも面白かったです

翌日帰ってしまうので
コアメンバーで スペシャルディナー
山の中腹にある「JIJI」さんがやっている家庭レストランへ
連れて行ってくれました

裏で飼っているヤギのミルクで作った チーズ
近くで獲れたイノシシのラグー

ジモピーじゃないと 絶対に行かない行けない!
看板も無い 隠れた名店でした

全部食べてもらいたいから 少しずつ全部ね!といって
結構な量でしたが
どれも 美味〜〜〜〜〜

メンバーは 喧嘩するとここに来て 
帰るときには みんな笑顔になっているそうです
素敵だな〜

ーーーーーーーーー

今回の旅は
一人のイタリア人の女の子との出会いから生まれた旅

人と人を結ぶ太鼓。。。 この楽器のご縁で
こんなに楽しく充実した時間を過ごせるというのは
ありがたく 幸せなことです
本当に稀有な楽器と出会ったものだなあと思います

。。。
ヨーロッパでは 先だってヨーロッパ太鼓カンファレンスが行われ
横のネットワークが ものすごい勢いで広がっています
アメリカの流れとは全く違う発祥と発展の仕方をしているヨーロッパ
この先 どうなっていくのかな〜
懸念もありますが 楽しみでもあります


熱を帯びた人たちの熱は 人を元気にします

私は今回 その熱に癒されたような気さえしています

感謝!


このあとは スイスへ
そして 大江戸本隊と合流して フェスティバルへ

という流れですが アップできるのは いつになることやら
やれやれ(すみません!)

お読み頂き ありがとうございました!

タグ:Taiko in Italy
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽