So-net無料ブログ作成

本気の夏の到来 [太鼓]


その昔

おまえ バカかと
その当時のプロメンバーに言われながら
手とバチを真っ赤に染めて
打ち続けた あの感じ。。。

街のあちこちに櫓が立ち赤い提灯が揺れる季節が来ると
背中がゾワッとするのは

あの時に刷り込まれた ヒリヒリする痛みと、
だらだらと流れる汗と、
見られている緊張感と高揚感と、
一曲終わるとボオッとするほど火照った頭と身体が
もう無理!無理!と主張するのだけれど
次の曲が鳴ると自動的に動き始めて
音が体中に鳴り響きつづける快感と、
終わった後の倦怠感。。。

それらの記憶が
一瞬にして身体の中を駆け抜けるからだろう


今年も 
ヒリヒリする盆太鼓の夏が やってきた!


かっこ良くなきゃダメだけど
かっこつけてるのは 手を抜くヒマがある人で 一生格好良くはなれない 

っっっどこまでできるか どこまでやるか
自分次第


踊り手に喜ばれる カッコいい太鼓を打ちたい!

ーーーーーーーーーーー
盆踊りの情報はこちら↓
http://www.oedosukerokutaiko.com/htm/schedule_bonodori2017.html

*築地本願寺さまの境内改修工事に伴い、大江戸助六太鼓テントが移動します。これまでの場所から見ると櫓をはさんで反対側(南門付近)となります。遊びにいらして下さい!
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

遼太

座古さんの思い伝わりました。
僕も踊り手さんに喜ばれる太鼓をいつか打てるようになりたい。
15歳の夏
by 遼太 (2017-08-03 22:31) 

月夜見

遼太くん、コメントありがとう。せっかく来てくれたのに、昨日は残念でした。でも、一生にあるかないかの貴重な場所にいたのかもしれないです。一期一会。一瞬一瞬を大切にしたいですね。太鼓も頑張って!
by 月夜見 (2017-08-04 23:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0